読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kindle三昧

小説とか漫画とかアニメとか。隠れた良作の楽しみ方を探求するブログです。

物語の世界に浸ろう(番外編) 〜 漫画家・矢吹健太朗先生「ワキを疎かにするやつは信用できない!」

 

漫画家・矢吹健太朗先生。週刊少年ジャンプTo LOVEるBlack Cat -ブラックキャット-」を連載していた、いまや言わずと知れた売れっ子作家さんです。

 

なにやら「ジャンプ+」のネット記事が大変盛り上がっていたので、せっかくだからそちらのご紹介とともに…矢吹先生の名言を引用させていただきたいと思います。

 

 

記事の中で繰り広げられるのは「矢吹先生に女子トイレの公共マークを描いてもらおう!」というトンデモ企画。なんたる矢吹絵のむだづかい。な、なんてぶっ飛んだ企画を考えるんだ……だが嫌いじゃない。

 

 

f:id:kirby-ex:20170421103219j:image

 

f:id:kirby-ex:20170421104921j:image

 

f:id:kirby-ex:20170421104931j:image

 

そして易々と行なわれる矢吹先生の超絶センスデザインワーク。

 

な、なんだこれ…これで女子トイレだと判別しろというのか……!? むしろ世の中の変態紳士さんたちが入っていっちゃわない? だいじょうぶ??公共マークの仕事してください。

 

 デザインを企画する人って、すごいや……(遠い目)

 

 

そんな内容のお話でした! ところでぼくは内心「いまさらだけどこれ、物語の中から文章引用してくるって趣旨とぜんぜんちがうな」と疑問を持ち始めております。まぁいいや。

この企画漫画の中で……企画物語の中で! 矢吹先生が仰っていた名言を引用させていただきます!

 

漫画「To LOVEる」執筆における先生自身の漫画観が語られているのですが、そこで当然、話題は「えっちなシーンについて」振られています。さすが「矢吹絵=えっち」の代名詞なだけある。

 

「描く時にこだわってんのは ワキ ですかね」

「"ワキ をおろそかにするやつは 信用できない!"」

 

 

「大事な話は シャワーシーンで」

「やっぱシャワーシーンだと 読者の集中がグッと高まるじゃないですか

だから大事な話はシャワーシーンでやったりします

ダークネスの1話とか」

 

熱い漫画論。これぞ矢吹流……!

名言なんやら迷言なんやら。

 

思ったのだけれど、大事な話でシャワーシーンしたら話が頭に入ってこなくない?? だいじょうぶ…??

 

 

さて、本題が終えたところでここからは完全に余談。

 

漫画の中では「バクマン。」の登場キャラである天才漫画家・新妻エイジが「実は矢吹先生がモデルなのでは?」ということに触れていましたね。

ぼくはアレ、てっきりONE PIECE尾田栄一郎先生か、BLEACH久保帯人先生かと思ってました。天才肌というかライブ感というか。新妻エイジみたいな「シュババー!」とか身振り手振りしながら漫画を描くのって、突き抜けたセンスを持つ大御所作家さんだというイメージが勝手にあったもので……

 

でもたしかに矢吹先生は全身絵を描くことが多いから、めっちゃ身体をくねらせながら模写してそうなイメージはある…かも。かもしれない。