読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kindle三昧

小説とか漫画とかアニメとか。隠れた良作の楽しみ方を探求するブログです。

「食戟のソーマ」178話 =輝く街= を読んで。来週からついにえりな様参戦くるの!?

漫画 週刊少年ジャンプ


今週号の「食戟のソーマ」178話の感想です!

ネタバレ多く含むのでご注意を!




◆ 前回までのあらすじ


前回ではとくに苦戦もなく進級試験をクリアしていくソーマたち一行。

試験官たちの顔芸が堪能できる回でした。


で、今回は箸休めの回です。

札幌の景観を、ジャンプ連載陣ではトップクラスの美麗イラストで堪能できます。

っていうか、関門クリアごとにまったりしすぎやでソーマさん!


またえりな様が感傷に浸ったり、今までちゃんと見てこなかった札幌という美しい街について物思いにふけったり。

そんな少女漫画トリップモードはさておき、ソーマ、えりな様、田所ちゃん、タクミの4人が他のみんなと引き離され、次の関門に臨むことに!

妖しげな竜胆先輩が登場のヒキで、次週を待て!ってところまでです。




◆ えりな様本格参戦か!?


この4人が残されたということは、先の関門であったようにソーマ+田所+タクミチームで次の関門に挑戦するのか…もしくは、今までと違って意図的にソーマ側に残されたえりな様が、この進級試験で初めてまともに参戦するフラグなのかも…!?


れぐるす的にはぜひともこのフラグであってほしいです!

というより、普通にこうなる流れだと信じてる!


さすがに前回と同じ班割りだと物語の展開としてあまりにも窮屈だし、新鮮味がないですし。

それに前回の試験でえりな様がソーマたちを先導しているということは周知の事実となってしまったわけですから、試験官およびセントラル側がこれを放置しておくのは不自然ですよね。先導してるのがわかっててえりな様をソーマと同じ班に入れてるのは、いよいよえりな様もこの試験でセントラル側から制裁を加えられるというフラグだと思っています。


これまでえりな様といえばエッグベネディクトとかいうオサレな料理を出してなんやかんやあってソーマに客取られてたことしかまともに料理していたイメージがないので、ここでついに本領発揮…もとい汚名返上をしてもらいたいところです。

仮にも十傑だしね! 先輩十傑の誰かを討ち倒してその株を上げるくらいのことはしてほしい!

もしくは田所ちゃんをサポートしてたソーマよろしく、ソーマのことをサポートするえりな様とか。そういう空気を読まないイチャイチャタクティクスな空間を作ってもらえるとれぐるすは嬉しいです。


これだけ先の展開予想を推してて、蓋を開けたらいつもの3人で十傑に挑むとかだったらぼくはそっとジャンプを閉じて焼却炉に投げ込むぜ。



では!