読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kindle三昧

小説とか漫画とかアニメとか。隠れた良作の楽しみ方を探求するブログです。

アニメ「灰と幻想のグリムガル」10話を観て、ランタのウザさが霞んでいることに物申したい

 

今回のテーマは「キャラ付け」です!

れぐるすが絶賛どハマりしてる「グリムガル」の感想をだべりつつ、テーマについても触れてくよ!

 

ネタバレありきになるから気になる方は気をつけて。

 

 

グリムガルももう10話目です。

メリイに因縁のあるサイリン鉱山での探索がメインです。はたしてメリイは雪辱を晴らせるのか!? デッドスポットきちゃうの!? ドキドキワクワク!

 

が、しかし! 今回はそこには一切触れません。ぼくが語りたいのは彼です!

 

f:id:kirby-ex:20160318003030p:plain

 

そう、ランタ。

…否! 誰だお前!

 

10話ではいつになくワイルドなランタが見られます。イケメン度高すぎてもはや別人です。

 

パーティーの賑やかし役として常に喋ってる印象のあるランタ。彼にスポットライトを当ててみましょー。

 

 

 

◆「チームハルヒロにランタは必要か?」

 

サイリン鉱山編で急に話題として上がった「ランタ締め出すか問題」です。

 

ハルヒロは馬が合わないランタのことをどう扱うか、いっそ邪魔だしいなくなったほうがいいんじゃ…と悶々してます。

実際、ハルヒロとランタって今までも険悪になることあったし、戦闘でも役には立たないし、アレですよねー、いらないですよねー。

 

 

f:id:kirby-ex:20160318003300p:plain

…あれれ。

 

 

 

f:id:kirby-ex:20160318003320p:plain

…あれれれ?

 

 

f:id:kirby-ex:20160318003236p:plain

 

 

待ってくれ、なにかおかしい。なにかがおかしいよ!

 

 

ゴブリン戦で連携攻撃も2対1での立ち回りも上手くこなしてたよランタくん!

むしろだいぶハルヒロはランタに感謝するべき!

 

そうなんです、アニメ見てる限りだと大半の人は小首を傾げるはずです。

「言い方がウザいだけでわりと優秀じゃね?」と。

 

なんでこんなランタの株を下げる展開になってるかというと、原作のハルヒロの自分語りがないからです。そのせいでチグハグなことになってしまっているのです。

あと、だいぶランタの行動が美化されてるから!

 

 

 

◆ なお、原作ではこうなっている。

 

 

ここでランタをランタたらしめる、名づけて「ランタウザい集」を原作から引用してみます。

 

 

「あれ ? 」マナトは眉根を寄せて目を伏せた 。 「戦士ってたしか 、鎖 ― ― 」 

「発表します ! 」ランタはのけぞるようにして胸を張った 。

 「オレ 、戦士になるってみんなには言ったけど 、やめた !戦士はなんか違う気がして 、オレの才能は別次元 、異次元で開花しそうな気がビンビンしたんで 、戦士ギルドには入りませんでした ーっ ! 」

「なっ … … 」マナトは何か言いかけて声を失った 。顔色がよくない 。それはそうだろう 。

だって 、マナトが聞き集めてきた情報によれば 、戦士と神官はパ ーティの要なのだ 。

 

 

 

原作ではランタ→戦士で神官マナトとのツートップになる予定でした。

しかし、これこそランタの真骨頂! まさにチームの要となるここ一番のところで、戦士を捨てて暗黒騎士の道へ。これはアニメでは端折られてたシーンですね。

原作読者からすればランタのウザさをまざまざと印象付けられた衝撃的シーンでした。

 

 

 

「うっせ ーぞ 、ハルヒロ !オレのどこがクズなんだよ !具体例をあげてみろ ! 」 

「いいの ?ええと 、じゃあね 、まずは ― ― 」 

「やめろ !つ ーか 、おまえはいちいち人のクズポイント心のメモ帳に書きとめてやがんのか !クズだな !クズの所業だな !おまえこそ正真正銘のクズだ ! 」 

「うわ ー … …クズにクズクズ言われると 、すっげ ーテンション下がるわ … … 」

 

 

 

 

あとはハルヒロとランタが普通に口論しているところ。

原作では2人の不毛な言い争いがたくさんあるのですが、ここでは1巻冒頭くらいから出てくるものを一例として挙げております。

ランタはたぶんこれ、友達と楽しくそしりあってる気分なんだろーけど、対するハルヒロのトーンがすっごく低いのがわかりますよね。ちっとも友達だと思ってないよ、打ち解けてない時の温度感ですよこれは。

 

 

このままランタを仲間にしておいて 、いいのか?

パ ーティのためを考えたら 、いっそのこと 、追いだしてしまったほうがいいんじゃないのか 。

戦力としては計算できないわけじゃない 。役に立っていないわけじゃないけど 。

でも 、事あるごとに和を乱す 。みんなをいらつかせる 。ストレス要因になっている 。プラスよりもマイナスのほうが大きいんじゃ ?害悪なんじゃないのか 。

 

 

 

アニメ版との比較。ランタを切るかどうするかと悩んでる時の独白。

印象的なのが「戦力として役に立ってないわけじゃないけれど…」という部分。アニメ版だと思いっきり役立ってます。ゴブリン戦であんなに頼もしい暗黒騎士を観れるとは思ってなかったですもの!

2対1の劣勢でも問題なく渡り合えるシーンとか鳥肌もの。ランタのくせに。

 

 

このように、ハルヒロの自分語りでは初期の頃から「なんかウザいやつがいる」みたいにランタのことを見ています。

それに納得するくらいわりとウザい行動もよく取ってるので、すごく頷けるのですが…。

 

 

 

◆ ウザいは褒め言葉! ランタはもっとウザくなればいいのに!

 

アニメ版のほうを見ていると、そのへんを上手いこと隠してるというか、ぶっちゃけ彼の持ち味であるウザさは見る影もありません! ウザいは褒め言葉なのに! ランタくんの持ち味が霞んじまってるぜなんてこったい。

 

このウザさというキャラ付けを薄めてしまったことで、じゃあなにが不満なのかというと、今回ハルヒロが「ランタ切るか…」みたいなこと考え出してるのが、すごくすごーく不自然に見えてしまうところです。

ハルヒロってそんなこと考えるとやつだったの? ランタわりと活躍してるのに? 酒場でも楽しそうに2人でクダ巻いてたのに? リーダーになったからってそんな天狗になっちゃったの?

…と、そこまで言うわけじゃないけれど、相対的にハルヒロの株まで下がりかねない展開なのです。うーん、これはちょっと痛いですぞ。

 

 

とくに、この先のサイリン鉱山探索で原作どおりなら「あの展開」があるはずなので、ここでランタの身勝手な部分を前面に出せてなかったのは惜しい気がします。なんというかこう、カタルシス?溜め込んだものを爆発させる的な、インパクトが薄れる気がするのです。

 

まあ、アニメ版の改変はぼくも嫌いじゃないので、ここでどう見せてくれるのか期待しつつ。

また次回まで待機です!

あと、9話感想忘れてたことを謝罪! すっかり忘れてしまってました! ごめんなさい!!