Kindle三昧

小説とか漫画とかアニメとか。隠れた良作の楽しみ方を探求するブログです。

「AppleTV」ーーあんまり日本でちやほやされない隠れ名器


ちょっと箸休めに、世間の話題を拾っていきます。


9月10日には、Apple社の新作お披露目会がありました。
かの有名なiPhoneを手がけるメーカーですが、やっぱり今回も新作iPhoneのことで世間はお賑わいです。
れぐるすも職場で家電を扱ってるのAppleの発表会は毎年恒例行事として眺めています。


で、今回焦点を当てたいのは…そんな新作iPhoneに埋もれて隠れてしまっている「AppleTV」というやつです。

これ、れぐるすも愛用してます。
使い方は簡単、ご自宅のテレビに「AppleTV」本体を繋ぐ。無線LANを受信する。こんだけ!

いちおうできることも大雑把に説明しときます。(家電専門のブログじゃないんだけど…まぁ詳しいことはググってくださいませ)

1.好きなビデオをその場レンタルする。
2.有料チャンネルを観る。
3.iPhoneiPadの画面をそのまま映す。
4.自宅のPCに入ってる音楽やビデオ流す。

だいたいれぐるすが使ってるのはこれだけ!
とくに3番の「画面をそのまま映す」というのは重宝してます。
言って見ればテレビがそのまんまPCになるわけで、iPhoneをリモコンに見立ててソファでくつろぎながら操作できるのが一番の強み。

ただ、言い返せば「iPhoneの操作を大画面テレビに写せるよ」というだけになってしまいます。


AppleといえばiPhoneに代表されるように、「だれにでも手にとってもらえる製品づくり」というのがウリになってます。
しかし、このAppleTVというやつはApple精神に合わない、珍しくニッチな層を狙った製品というのが専らの位置付けです。

そもそもiPhoneiPadを持ってないと全力パワーを出せないので、持ってない人は置いてけぼりですよねー。


が、しかし!
やっとAppleがこいつにも目を向けてくれました。
新型のAppleTVがひっそりとお披露目会されておりました。

内容はAppleの発表と公式ホームページから拾ってきたものだけなので、詳細まではまだまだ未知数ですが…

今回の新型で、「脱iPhone&iPad」が叶いそうです。
進化したのはリモコン!
まるでマウスのように指先でなぞれば操作できます。しかも音声コントロールSiriまでついています。
Siriが入っているということは、アレですよ。


「音楽かけて」
「モンストやりたい」


iPhoneに話せばすぐ起動してくれてたアレですよ。
ちゃんと日本語を読み取れるようになってからしょっちゅう使ってますが、この音声認識さえあれば、ちまちまと文字をキーボードで打つこともないわけです。

あとは細かい点では、ゲーム機能も拡張されるそうで。これ1台あればゲーム機も用をなさなくなるかも?


うちのテレビも最近はYouTubeを流したりニコニコ動画流したりでしか使わない。ただ、iPhoneをリモコンにしてるのでなかなか両方の操作が厳しかったんですよね…。

今度出るAppleTVが単体で完結できるとしたら、今度こそ最高の名器になるやも。
これは買いかもしれませんね。
広告を非表示にする